つつむ 化粧品 肌荒れ

「つつむ」のおかげ?

それから私は毎日つつむと向き合いました。

 

クリームはしっとりとしたR1 の感触が気持ちよく、乾燥の激しい私の肌には夏でも使えそうです。

 

つつむは敏感肌に特化しているだけあって、スキンケア自体はとても優しいものです。

 

しかし、その優しさゆえに、本当に効果がでているのかは難しいところ。

 

 

変わってるような、変わってないような…


 

毎日鏡の中の自分を見ながら、首をかしげる日々。

 

これまでよりも悪くなっている感じはしませんが、特別変わった気もしません。

 

ほんの少し潤いを感じるような気がしないでもないですが、つつむの効果なのか、手のひら温め効果なのか、3大NGをやめたからなのか、判別の難しいところです。

 

 

うーん、どうなんだろう…


 

そうして、つつむにたいしての結論が出ないまま、14日間が過ぎていき、とうとうチャリティーマラソンの日がやってきてしまいました。

 

いつもより軽めのメイクをして、トレーニングウェアに身を包み会場へと向かいます。

 

そこには、すでに晶子と恵美ちゃんが待っていました。

 

 

良いタイム狙っちゃおうかな!


 

 

置いてかないで下さいよ〜。


 

 

大丈夫、一緒に走ろう!


 

穏やかな快晴の中、ピストルの音とともに女性たちが一斉に走り出します。

 

同じ目的のため、こうして集まった凛とした顔の面々を見ているのは壮観です。

 

今日のために、多少の練習はしてきましたが、久々の10キロに及ぶマラソン。

 

身体を第一に、完走を目指して自分のペースで走っていると、さすがに若い恵美ちゃんは身軽な走り、やる気満々だった晶子の方が辛そうです。

 

まあ、年齢を考えれば当然の結果ですが。

 

 

 

私は、そんな二人のことをいつの間にか忘れるほど、走ることに夢中になっていました。

 

身体を動かすことで、仕事のストレスが消え、生きる力が湧いてくる、そんな気持ちです。

 

ゴールした時にはすっかり、汗だく。

 

首にかけたタオルで額から湧き出る汗を拭きとっていると……。

 

 

あれ?志穂、肌赤くなってないよ!


 

 

え?


 

 

ほら、いつもそうだったじゃん。汗かくと肌が荒れるって。


 

 

荒れて……ない?


 

 

鏡見ます?


 

ちゃっかりポケットに手鏡を忍ばせていた女子力の高い恵美ちゃんに鏡を借り、顔を見てみると……確かに、運動後の赤みがありません。

 

 

もしかして?


 

答えはまだ分かりませんが、汗をかいても肌にしみることなく清々しい気持ちでマラソンを終えられたのは「つつむ」のおかげ?そんな思いが頭をよぎります。

 

 

どうしたの?


 

 

ううん、もしかして肌荒れしなかったのは、つつむのおかげかなって。


 

 

先輩、凄いじゃないですか!


 

 

まだ分からないんだけどね。


 

そう、これだけではまだ分かりません。

 

けれど。もしかしたら、つつむのお試しのおかげで肌の調子が良くなったのかもしれない、というのは事実。

 

 

本格的に包まれてみようかな。


 

 

仲間発見!


 

 

私も入れてくださいよ〜。


 

誰かのためのチャリティーですが、今回は同時につつむのお試しチャレンジをしたことで、仲間との絆や、内面からの美しさも手に入れられたような気がします。

 

私にとってグッドなタイミングでやってきてくれた「つつむ」。

 

これから本格的に、じっくりと付き合ってみたい、そう思っています。

 

 

つつむ化粧品。公式ホームページはこちらです

 

 

 

「つつむ」のおかげ?つつむ化粧品ディセンシア物語



このエントリーをはてなブックマークに追加